新三国志 相性のいい組み合わせはこれ!至宝と武将(蔵宝閣6)

新三国志 相性のいい組み合わせはこれ!至宝と武将(蔵宝閣6)

どーも、みなさんこんばんは。リーレです。

今回も前回に引き続き、SSR至宝での適任武将や最適組み合わせについて掲載していきます。

※リーレ個人の見解であり、他武将や計略との組み合わせによって紹介しているのよりもよい組み合わせもありますので、こちらを参考にしつつ自分自身でも模索してみてください。

1. SSR至宝(蔵宝閣6)

SSR全体で見た時、安定して使える至宝が無い。

効果自体は、呉越春秋がうまく決まれば割と強力ではあるが、賈クが揃ってしまえば怒気獲得を遅らせることができるためありがたみは少ない。

史記についても、効果がしっかり発動すると良いが運が悪いと相手の賈クに怒気回復効果を封印されてしまって活かしきれない可能性が高いため安定しないのが欠点。

至宝名:呉越春秋

効果:戦闘開始から10秒後、19.8%の確率で知力が最も高い敵3部隊を6秒間スキル封鎖。さらに6秒間怒気を獲得できない

オススメ武将:耐久型の前衛武将

至宝効果が戦闘開始から10秒後に発動するため、相手武将が怒気回復系至宝あるいは一気呵成を装着していると10秒も経たないうちにスキルを発動するためスキル封印効果は実質無し。

怒気獲得不可の効果をつけるが、これも賈クが揃ってしまえばランダムとはいえ怒気獲得を妨害できるためありがたみが薄い。

戦闘開始から3秒後であれば一気呵成も含めて妨害、5秒後であったとしても大体のスキルは封印できるのだが、10秒後というのが非常に残念な至宝。

至宝名:六韜

効果:自分のデバフ効果が3個上の場合、被ダメージ-10.8%、さらに通常攻撃を受けると統率の28.8%の兵力を回復

オススメ武将:統率が高い武将

こちらから狙って至宝効果を発動させることができない至宝です。

SR至宝の両当鎧と比較すると、軽減率の高さに加えて兵力回復をするのは魅力的ですが、相手がデバフ部隊(not状態異常部隊)あるいは張遼を入れた部隊でない限り発動条件が満たされることは無いでしょう。

至宝名:史記

効果:自分の兵力が40%以下の時、瞬時に怒気を14獲得し、怒気を4回復し続ける。持続時間10秒。1回の戦闘で1回のみ発動可

オススメ武将:許褚、呂蒙、馬超、公孫瓚、状態異常スキル持ち武将

劣勢になると一気に怒気を回復して逆転のきっかけを作る至宝です。

うまく決まれば、接戦のときに前衛武将が非常に粘れたり、状態異常(特に同士討ち)によって逆転するなどという可能性が出てきます。

ただし、「怒気回復」のためこちらも相手に賈クがいると瞬間回復が不発に終わったり、継続怒気回復が十分活かしきれなくなるため過信は禁物です。

許褚:怒気回復により頻繁にシールドを張り直せるため、意外と粘れるようになる

呂蒙・馬超:怒気が貯まる速度が上がるためスキルの重ねがけ効果を十分に活かすことができる。

公孫瓚:統率アップと被ダメージ軽減のため、兵数の減少速度をある程度抑えることができる。上記3名がいなければ。

状態異常スキル持ち武将:具体的には周瑜や黄忠、袁紹、孫尚香など。後衛同士の戦闘にもつれ込んだ際、状態異常で1人でも攻撃できないようにすれば一気に有利になるため成功率を上げるためにもスキルを何度でも打てるようにしておくと良い。

至宝名:論語

効果:兵力が自分の上限より60%以上高い敵に通常攻撃をした時、21.6%の確率で1秒間攻撃封印

オススメ武将:政庁で最大兵力増加をつけていない武将

発動条件がこちらで紹介した荘子と同じですね。文章による詳しい発動条件は下の記事を見てください。

新三国志 相性のいい組み合わせはこれ!至宝と武将(蔵宝閣5)

こちらは通常攻撃のたびに発動するのが強みです。ただし、荘子よりは発動確率が低いこととスキル攻撃までは封鎖できないところに注意が必要です。